読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AT&Tを売りました

かなりひっぱりましたがようやく売りました

売買結果

@41.20x7 手数料5.40

 

純受取金額(手数料込)

売却後金額283+配当0.49x7-買値264.4=22.03

 

売却益18.6

合計受取配当額3.43

配当込売却益22.03

 

収益率

約8.3%

 

年率

2016/11/11に購入なので2017/2/17まで99日

収益率/経過日数x365で約30.60%

 

まとめ

 

売った理由

中国の銀行のほうが成長率が高いから

収益率:約8.3%

年率:約30.6%

手取り:22.03USD

監視銘柄にする:〇


保有している間の安心感といい値動きといい最高でした。安くなればまた買って四季報購入代金に充てたいと思料いたします。


以上です。なんじゃそりゃ。

 

choi keen.

そこそこ含み益が出れば売るべきなのか?

売り時がわかりません

 

売り時がさっぱりわかりません。といっても天井の値段を知りたいという話ではなく、

 

  • 長期でホールドしていれば配当・キャピタルゲイン両方又はどちらかでイケる可能性が高い銘柄なのか?
  • 一旦利益確定して他に投資し、金をもう少し高速回転させるべきなのか?
  • 同株が安値圏に突入するなら再びホールドすれば同様の利益が再現できそうな感じなのか(素人感覚で競争相手が急激に増えているとか、もうその商売自体が成り立たないとか)?

 

基本的にといっても他のやり方を知らないのでこんなことを考えながら株を売っています。買うのも難しいですが売るのも一苦労ですよね?俺だけですか?

 

買い時はどのように決めているのか

 

今までのやり方は、

 

  1. 海外株購入用として円高時にUSDを買う
  2. 最悪そうな時に大型銘柄を買う
  3. 海運会社等、景気循環しすぎて収益に幅がありすぎる商売は避ける
  4. 配当利回りが5%以下の銘柄はなるべく避ける
  5. とりあえず買わない

こんな感じです。経験上、多分この中で最も有効なのは5.のとりあえず買わないだと思います。冗談抜きで。なんの世界でも勝負に出れば負ける奴が圧倒的に多いのが当たり前のこの弱肉強食社会。戦国武将になるよりも農民。革命を起こすよりも一般民間人。細く長く本宮ひろ志のマンガとは対極に生きていきます。俺はとにかく大きい損するのが大嫌いなのでとりあえず迷ったら買わないということに徹しています。復活する努力よりダメージを負わない努力のほうが楽なのともう若くないのでリカバリーする時間が残されていないのです。さっぱりわからないので買ってみて様子を見たいときは少額で買いますが、それ以外は少々欲しいと思っても絶対買いません。めちゃくちゃ買いたくてウズウズするのですが、なんといいますか、余計なことをして金を損するのを避けたいのです。たまたま行ったパチンコで1000円で10万勝って一旦両替したけれど再び店内に戻ってダラダラ打ってたらいつの間にか9万5千円入れてしまってその時には5000円位もうええわと思って打って結局1000円負けちまったという感じといったらいいですか。わかりにくいですが。

 

買うときに関してはこんな感じでテキトーにやっている中でも割と厳しく買っているつもりなのです。

 

”とりあえず即売るときもある、よく考えたはずなのにテキトーに買っちまってた”

 

レバレッジをカバーできる資本力も根性もないのでロングのみの株式長期投資というオプションしかなかったのでとりあえず株を買って本を読んで勉強しました。バフェットとかグレアムとかですね。完全にメジャーどころを拾い読みした感じです。俺の理解力をはるかに超えている章がほとんどでしたがかなり面白かったです。

 

売り時に関してですが、自分には3種類の状況が考えられます。

 

 

  1. 金が要る
  2. 使うあてのない金なので20年位ほったらかしでもいい
  3. 気が変わった

1.金が要る

これはもう問答無用です。金が要るんですから即売却です。もう少しおいていたら配当ももらえたし、株価ももっと上がったかもしれません。しかし、株を売って金を工面しなければいけない状況なので迷いはないです。


2.使うあてのない金なので20年位ほったらかしでもいい

これが一番面倒だと思います。例えば配当利回りで8%程度の銘柄を購入したとして10年位で元取りくらいになりますか?大体10年かかるってことですよね。じゃあ元金分だけでもさっさと売却して表面数字上の投資効率を上げたくなりますよね。リスクにさらしている金額を減らすためにも。他に例えば日本の会社で配当をしない会社でほぼすべてを内部留保しつつ商売に再投資している会社をみつけたとしましょう、負債額も限りなく少なくバリュエーションもネットネット株、それで買って一年位で株価が3倍近くなったとしませんか?迷いますよね。

 

3.気が変わった

これは多くなりそうですね。愚行といっても差し支えないです。損切も含めて。

 

まとめ

  • 必要に迫られているなら売却もしょうがない
  • 売却した後逃がした魚はデカかったと後悔する日々が少ないように普段から保有銘柄と同程度の収益が見込まれる銘柄も絶えずチェックして即カバーできる状況にする

 

結局ようわからんということで、上記事後対策で心の平穏を保とうと思います。

 

押忍!

さすがの偉大なる投資家でも相場が上がりまくっているので割安株を見つけるのが大変じゃねえか?

そもそも俺のようにテキトーにしていてはなかなか見つからないですが

あれですね、下がりまくってる相場のほうが安心して買えますね。ネットネット株ほどではないですが数個まだ割安で有望そうなのを2銘柄見つけました。とりあえず買おうと思います。配当利回り6%程度です。

 

なんだろう、投資関係の本ってめちゃくちゃ難しくないですか?チャートとかテクニカル投資とか読んでいてさっぱりわかりません。唯一わかったのがバリュー投資の100円を50円で買うっていうコンセプトのみです。それでも細かいところはさっぱり理解できません。

ということでmargin of safety と相場が最悪なロックボトムで全財産突っ込むつもりでそれまではボチボチ配当金を集めようと思います。

 

夜露死苦

AT&Tを売ろうと思います

AT&T

といってももう売り注文を出したのですが

expire dateが日本時間なのかニューヨーク時間なのかはっきりしないまま2/14までで41USD指値で売り注文しました。

なんとなく配当利回りで安値だと思って買いました。値下がりしても配当利回りが高くなるのなら追いかけようと思っていましたが、売却理由が

 

  • 結構短期で株価が上がった
  • そもそもテストだったので一旦リセットしたい
  • 他に買いたい株がある
  • ジジくさい
  • 事業が多すぎてよくわからない

ので売ろうというお粗末な結果に終わりました。

まあ最初っから買うなよって気になりました。

 

追記

GTD(Good till date):注文の有効期間を示しているんですね。勉強になりました。

AT&Tの配当金

AT&Tから配当金いただきました

0.490USDx7

手取り2.48USD

保有数が少ないのですがやはりうれしいです。

現地口座を持っていると良さそうですがアメリカ株の配当金のcollect feeとかに結構な金額がかかったりするので、一見割高に見えるマネックスの手数料は非常に良心的だと思います。

香港ドルを買いました

香港ドルの話を引っ張ります

朝起きて為替見たらUSD/JPYが111.60に。昨日は112.70くらいだったから大方1円くらい動いていた。HKDとUSDはペッグしているので昨日の為替振替がキャンセルできたらいいなと思いマネックスをチェックすると営業日9:30までの指示分が当日10:00に約定するみたいです。

 

なのでキャンセル。もう即キャンセル。

 

あとは様子を見ながらHKD買おうと思います。

 

追記

 

2/7 9:30

 

為替手数料込 14.55で決済です。

11006.52HKD買えました。昨日のレートでの金額が10923.94なので差し引き82.58HKD得しました。

82.58x14.55=1201JPY app.

 

ラーメン代一杯得して感激の香港ドル売買でした。フハハ!

中国銀行(03988.HK)を買いました

再び中国銀行(03988.HK)

@3.56HKDで3,000株買いました。うれしいです。

何年か前に@3.21で買ってたんですがその後マネーが入用になり一旦全株式を売却した経緯があります。

 

1株当たりデータはこんな感じです。配当利回りだけは5.6%です。

 

1株当たりデータ(トムソンロイターより)

EPS (実績) (HKドル)

0.64

EPS(予想) (HKドル)

0.64

1株あたり総売上高 (HKドル)

1.87

1株あたり純資産 (HKドル)

5.00

1株あたり現金および短期投資現金 (HKドル)

13.24

1株あたりキャッシュフロー (HKドル)

0.73

配当 (実績) (HKドル)

0.20

配当 (予想) (HKドル)

0.19

配当利回り (%)

5.85

配当日

2016/07/20

権利落日

2016/06/16