シリーズ”住宅ローン組んだら圧迫感感じるのでいろんな倹約して生活クオリティを上げていく” ①青ネギ編

VALUもbitcoinもよくわからないからとりあえず”青ネギ”つくろうぜッ!

 

何が何だかよくわからないけどとりあえずbitcoin一万円分位買おうと思っています。こうね、年とってくると意識しないと多分何にもしないでも普通に1日が終わっていくから新しい物には余計意識して参加したほうがより楽しいかもと思っています。

あんまり何もかも否定から始めると聞いてるだけでウンザリしてくるからまあ、大金がいきなり必要だったりしなければとりあえず肯定してみるほうがいいような気がします。年とったらお金より時間のほうが大切になってくるわけですよ。

というわけで話はそれましたが、今回はどうやって家計をよりましなものにしていくか住宅ローンを抱えている友人2人と話し合って出た結論です。

まずは青ネギをつくってみる

青ネギは何の変哲もない圧倒的なコモディティの野菜のなかでもさらに特色のないコモディティ野菜であり投資対象という観点からはバフェットなら絶対に避ける作物かもしれませんが我々うどんを毎日食べる民族からすれば酸素と同じくらい重要な作物であり、これぬきのうどんなんてほんときっついです。あとは、そうめん、味噌汁、ネギ焼き、炒め物、塩ダレなど用途は限りなくあり、これを倹約するのはあまりにも酷。しかしお腹が太るわけでもない薬味のため実は地味に高い野菜になります。

10本入り100円位が年間平均購買価格で週3回ロングするとして、

@100x3回x4週x12カ月=14400JPY

ワオ、オマイガッ。

手取り配当額として考えると結構なプリンシパルを使うじゃないですか。俺たちにすればデカい。デカすぎる。これはまさしくポケットにあいたピンホール。バフェットが買収した企業がこんなもの買ってたら鼻血吹きながら怒り狂ったことでしょう。

 

ということで栽培方法と量の目安です。

 

播種と育苗

9cmのポットに園芸用の土を入れて種をひとつまみ入れます。適当です。

その上にタキイのたねまき培土なんかをふりかけてじょうろで水をやります。夏なら3~5日位で発芽するので水切れで枯れてしまわないように毎日水をあげます。枯れそうなら日陰に移動するなどしてください。ただし植え付け直前の数日は日当たりのいいところに置いてならしてあげたほうがいいです。

高さが10cm位になると定植です。畝サイズは約1mx10mで4列にマルチに穴を開けて植え付けます。この量で今のところ3世帯分のネギをカバーできています。マルチは950mm幅の穴なしでも穴ありでも何でもいいです。

 

注意点

株元の除草は気がついたらやっていくような感じでokです。

ネギの表面が食われて白っぽくなるのはおそらくスリップスと呼ばれるアザミウマの食害でデュポンベネビアODという農薬を使用する予定です。

収穫は株元からザクザク切って収穫していますがそのうちに太くなってきます。気になるようでしたら再び育苗して定植となります。

 

 という感じで途切れることなく収穫できるので満足度マックスファクターです。是非試してみてください。

881